銀行のカードローンの特徴を知りたい

カードローンには様々な種類がありますが、大きく分けて消費者金融やカード会社のタイプと銀行のタイプがあります。銀行のタイプの特徴を一言で言えば、審査は若干厳しいですが、その分限度額が高いことです。また、総量規制に関する決まりもありません。審査は、消費者金融で通っても銀行では通らない可能性があるほどですが、だからといって特別厳しいわけではありません。例えば、地銀や信金で借りる場合は、比較的借りやすいといえます。ただ、大手の金融機関になると借りにくい部類に入るでしょう。借り入れる時はアルバイトやパートなどでは、貸してくれないところも多い。社員であることが大前提ですが、勤続年数等も調べられますので、限られた人しか借りることができないのが特徴になります。上限額は、銀行によって大きく異なりますが、一般的な地銀や信金では300万円から500万円くらいが上限額になっています。一方都市銀行になると500万円から800万円、1番高いところで1000万円の上限額になっています。

もちろん、誰でも上限額まで借り入れることができるわけではないです。いくら上限額が高くても、その人の年収が高くなければ、借り入れる金額は限度があります。消費者金融やカード会社の場合は、貸金業法に従っているため総量規制が適用されます。総量規制があると、年収の3分の1までしか借り入れすることができません。ですが、銀行は貸金業法の適用がないため、総量規制は関係ありません。どこまで借り入れをすることができるか明確でない部分がありますが、一般的にはその人の年収の半分程度までは借り入れをすることができます。もし年収が400万円であれば200万円まで借り入れをすることができることになります。最後に、銀行の特徴として、借り入れのときの審査で在籍確認を行いますが、会社に電話をするときには銀行名を名乗ります。消費者金融やカード会社のように名乗ったとしても、借金をしているかどうかがわかりにくいからです。